アルバイトでも失業保険をもらえるのか

アルバイトというのは、正社員に比べると労働時間や給料などに違いがある。正社員は失業保険(雇用保険)に加入することができるが、アルバイトは失業保険に加入することができるのかという疑問を持っている人も多い。結論からいうと、アルバイトでも加入することができる。これは、正社員であろうとアルバイトであろうと加入するときの条件に違いはなく、失業手当などもしっかりと受けることが可能なのだ。
失業保険に加入することができる条件としては、一定以上の勤務時間であるというものが挙げられる。さらに、特定の期間勤めている人が対象となるのだ。これを詳しく説明すると、一週間で20時間以上働いている人で、さらに31日以上同じ職場で働き続ける予定の人が対象となっており、この条件を満たしている人が保険の対象になる。基本的にこれらの条件を満たしている人は、強制的に加入することになるのだ。失業手当は、再就職するまでの一定期間の間だけ一定額のお金をもらうことができるというものといえる。再就職したり新しい仕事を見つけることができた場合は、その時点でもらうことができなくなるのだ。
バイトで失業手当をもらうことができる条件としては、1年以上加入していたという状態が必要となる。さらに、2年間で働いた日数の合計が1年以上になる場合に、もらうことができるのだ。また、2社以上の会社でバイトをしていた場合は、バイトをしていた会社の合計した期間という計算方法になる。